スポンサーリンク

死にたい人は美味しいものを食べることで精神的にも随分楽になりますよ【食事は人を救う】

この記事は約5分で読めます。

食事を楽しむ

スポンサーリンク

人間は食べることが楽しみでなくてはならない

私は幼少期の頃から厳格な家庭に生まれて非常に厳しい教育を受けてきました。

何でも一生懸命頑張ることが最善とされていて、私は子供の頃からほとんど自分の自由がなく両親に支配されているようなそんな人生だったのです。

あまりにもストレスが溜まっていて食事が全く美味しいと感じることがない状態でした。

大人になった今では、昔みたいな親子関係ではなくなり仲の良い人間関係を両親と気づくことができています。

よって家庭の中でのストレスもほとんどなく食事が非常においしいと大人になって初めて実感できるようになりました。

思春期の頃には精神や心が安定せずに死にたいという気持ちが非常に強い状態で、私はエリート人生から脱落してしまい苦しい青年時代を送っていたのです。

そのような私が食べることが大好きになり今では体重が80 kg 超えています。

子供の頃にはやせっぽちでひ弱な肉体をしていましたが、今では精神的にも安定して死にたいという気持ちはほとんど湧いてこなくなりました。

やっぱり食べることが大好きだということは人間にとって幸福を感じる最高の楽しみなのです。

精神的にストレスがかかってしまえば食事が美味しくなくなる

基本的に人間は精神的なストレスがかかってしまえば胃に負担が増えてしまい、自然に食事をしたくなくなってしまう状態になります。

ではどのように対処すればいいのかと言うと、精神的なストレスを緩和させることが大切なんです。

神経は張りつめてしまうとなかなか元の状態に戻らなくなってしまう人たちが多く、そのような場合は過度なストレスによって食べることができなくなってしまいます。

まずは温かいシャワーを浴びてのんびりとリラックスした状態になりましょう。

その後はソファーでゆっくりと熱いコーヒーやお茶などを飲んでのんびりとストレスを解消する時間を作ることです。

そうすることで自然にリラックスができる状態になり、食欲も湧いてくることは間違いありません。

とにかく精神を集中させてストレスが溜まったと感じた場合には、少しの間休憩時間を取り精神を落ち着かずことが重要です。

これを無視してしまってストレスがかかった状態で長くいると、副交感神経が働きづらくなってしまいストレスがかかった状態を継続してしまうのです。

少し集中したら少しの間休憩する生活習慣を身につけてくださいね。

食文化を楽しみながら幸せな人生を送りましょう

食文化を楽しみながら生きるということは、人生にとってとても楽しみで幸福なことでありますよね。

食事が美味しくないと感じる人よりも、食べることが大好きな人の方が何倍も幸せだという研究データもあります。

あなたもストレスでなかなか食事が喉に通らない状態だと思いますが、体をリラックスさせて落ち着いた状態で過ごせば食欲は自然と湧いてきます。

食事が好きになり人生が楽しくなってくれば死にたいという気持ちもどんどんと少なくなっていきますよ。

人間は衣食住を満たすことにより幸福を感じる

人間は基本的に衣食住を満たすことで大きな喜びと幸せを感じます。

現代人は多くの人が多くのお金を使って欲望を満足させており、これが不幸な人生を送る元となっています。

もっと基本的な欲望を素直に幸福だと感じる事が出来れば、人は苦しむことだって少ないはずです。

人間には社会的な欲望が強い人が多いですが、社会の世界は戦いと競争の原理で成り立っている世界であり、この世界で成功するのは大変難しいのが一般的です。

司会基本的欲望の食べることは、そんなに満たすのが難しい欲望ではありません。

ハンバーガーを食べたければ、マクドナルドやコンビニ行けば300円ぐらいで購入できます。

私も子供時代から社会的な欲望が非常に強く、食べることはあまり好きではありませんでした。

それが困難な人生を作り出す元になっていて、私はいつしか社会のなかで苦しみもがく人生を送る羽目になっていたのです。

40歳ぐらいになって、私は社会での成功を諦め、自分の基本的な欲望を満たすことに集中することになります。

そうすれば、家でおにぎりを作って食べるだけで、自分が幸せ者であると感じるようになったのです。

昔ならそんな感覚を持つことはなかったのですが、今では当たり前の単純な欲望を満たすことが自分の幸せと繋がっているのです。

もっと人間は食べることのような、単純な幸せを追い求めるのが理想なのではないでしょうか?

自分で料理をするのもオススメ

私は食べることが好きになって、自分で料理をスタートさせています。

たまに自分で昼ご飯や朝ご飯を作ることがあり、料理をしていると何もかも解放された状態になり、楽しく料理をしています。

昔は外食ばかりする人間で、体の健康も非常に悪く、医者の健康診断で引っかかることもしばしばでした。

しかし今では、体調を考えて自分で料理することにより、本当に健康体で元気いっぱいに過ごしています。

たまに両親と買い物に出かけることもあり、食材を選ぶのもうまくなりました。

料理は奥が深く、極めていけば本当に楽しいものですので、私もたまに親に代わって料理を頑張ろうと考えています。

私は基本的に和食が好きな人間なので、シンプルな料理を基本として楽しい料理人生を歩むつもりです。

医食同源と言いますが、体に悪いものばかり食べていると、毎日の生活が不幸になってしまいます。

そのためにも料理をきっちり勉強して、健康食を自分で作ったり、いろいろなことにチャレンジしていきたいと考えています。

まとめ

食事がなかなか喉を通らず少食で生きている人は人生の楽しみを放棄しているような人です。

精神的なストレスが大きくなってしまえば、自然と胃が収縮してしまい食欲が減退してしまいます。

そのような状態になった場合には不幸を感じやすくなってしまい、自然と死にたいという気持ちが沸き起こりやすくなってきます。

だからストレスを適度に解放してのんびりとすることが重要ですよ。

そうすればあなたの死にたい気持ちも徐々に回復していくでしょう。

食べる事で人生の楽しみをぜひ実感してくださいね。

関連記事

タイトルとURLをコピーしました