スポンサーリンク

死にたいなら社会に出て働かない人生もあり!【自宅で趣味を仕事にする】

この記事は約10分で読めます。

働かない人生

スポンサーリンク

なぜ人間は仕事をしないといけないのか?

人間として生まれてきて、生きていく上で仕事や労働は切っても切り離せないことです。

学校時代から将来社会人になるために多くの教育を受けますよね。

これは将来社会に出て仕事をすることが前提の上でのことです。

本当はお金を稼ぐのがもっと楽ちんならば、そんなに学校で苦しい勉強やスポーツなどもする必要がないのです。

勉強とスポーツをすることで、忍耐力や問題可決能力、決まったことが出来る力を養います。

これをしっかりしておくと、将来社会人になっても仕事で困ることはありません。

生きていくためには当然食料を獲得しないといけないことになり、それには食料を購入するお金がないといけません。

衣食住を完備させるために、どうしてもお金が必要となり、その結果働くという行為があるのです。

もっと楽で自由な仕事はないのか?

私は小さな頃から教育熱心な両親に育てられ、大学生になるまで多くの勉強やスポーツで優秀な成績を収めてきました。

しかし大学生時代になると自由を求めるようになり、今までの教育が間違っていると感じ、両親の言うことに耳を貸さずに遊んでばかりいました。

私は自分が選択して行動したことがほとんどなく、親の言いなりになって子供時代を生きていました。

その結果自分の自己決定能力がほとんどない状態ですので、全く何も自分で決められない死行動も出来ないそんな大人になっていたのです。

それから私は社会に出るのが嫌になり、もっと楽で稼げる仕事はないのかと探し回るようになりました。

これが私の没落人生を決定づけた考え方で、私は苦しく頑張らなければいけない仕事が出来ない人間となっていたのです。

本当に楽で稼げる簡単な仕事があれば、もうそれは誰かがやっていますよね。

個人で自宅で仕事をすれば楽で自由だよ

私は人生の落伍者として家で死にそうになるほど悩み苦しみ生きていましたが、ネットで検索していると、インターネットビジネスは結構楽で自宅で稼げるという情報を知りました。

確かに私は自宅で仕事をすることが夢でしたので、すぐにネットビジネスの世界に足を踏み入れたのです。

しかし簡単に稼げるというのはほとんど嘘であり、3000円ぐらい3ヶ月で稼ぐのがやっとの状況でした。

そんなにうまい話があるわけがなく、私はビジネスをすることを諦め、WEBライターの仕事をすることになったのです。

ネットのWEBライターの仕事は単価が非常に安く、1文字で0.3円ぐらいの単価になります。

私はその当時タイピングもそれほど早く無かったので、死に物狂いで仕事をしてやっと毎月10万円ぐらいの収入になりました。

しかしある日書いた記事がダメだという評価が下り、30万円ぐらいの仕事が全部ダメになったのです。

私は納得がいかずクライアントに食い下がりましたが、どうすることも出来ませんでした。

しかしネットでビジネスではなく仕事をすればお金は稼げる実感を持つことが出来、これが私のネットで食べていくきっかけになったのです。

個人で自宅でネットで稼げることで、私は自分の居場所を見つけ自宅でお金を稼いで生きていくことが出来るようになったのです。

多くのお金を稼ごうとしないこと

私の経験から話をすると、ネットで多くのお金を稼ごうと思えば、それはものすごいハードワークになり、普通の激務のサラリーマンとさほど変わりません。

また多くのお金が稼げるアフィリエイトなどは、一流の大学を出たスーパーエリートの人が多くのお金を稼いでいて、普通に趣味でやっているレベルでは太刀打ちできません。

私は仕事としてブログを書いたことはなく、全部趣味の範囲でブログを書いていたので、当然アフィリエイトの世界では相当難しいと感じました。

しかし一生懸命頑張っていると、最高40万円ぐらい稼げたこともありました。

現在はそのブログはダメになってしまい、ブログの収入はグーグルアドセンスという広告で毎月8000円ぐらいです。

多くのお金を稼ごうと思えば、ものすごいライバルが一杯いる業界に入っていかないと秋田県大館市池内ので、少しでも休んだり手を抜くとすぐにダメになってしまいます。

私はこの経験を元に多くのお金をネットで稼ごうと思わない決意をしました。

そうすれば案外楽にお金を稼げることに気づいたからです。

基本的に衣食住が完備されていれば贅沢しないのが理想

私の考えは、基本的に衣食住が完備されており、無料の楽しみや趣味などを持っていれば人生幸せだと言うことです。

多くの人は遊びで多くのお金を使いますが、たくさんのお金を使うと仕事が厳しくなり、人生を有意義に過ごせないからです。

私は子供の頃からあまりお金を使った経験がないので、お金を使うと中毒症状になる特徴があります。

これが大学時代の人生を台無しにした原因であり、私はお金を使わない生活を志すようになりました。

現在は毎月家に納める食費の1万5千円とお小遣い1万円ぐらいで生活しています。

お金をあまり使わない生活習慣を身につけると、心も頭もスッキリして楽になる感覚がします。

若い時代にお金の中毒になった経験から、お金の中毒症状を改善すると日常生活の幸せが極上の幸せになってきます。

現在は自宅で普通に食事をしたりたばこを吸ったり、コーヒーを飲んだり、音楽を聴くだけで最高レベルの幸福を味わって生きています。

贅沢さえしなかったら、それほど多くのお金を使わなくても十分満足できますよ。

趣味でブログでお金を稼いでいる人もいる

現在私はこの「ブログで田舎暮らし」というブログを運営していますが、このブログが私の趣味のことを書いています。

私は図書館が好きで食べることも大好きですので、図書館の自習室の記事やデカ盛りグルメの記事を中心に書いています。

また私の若い時代から今までの、人生の悩み苦しみなどを中心に読者の人に向けて記事を作っています。

この趣味のブログでも毎月8000円ぐらいの収入があるので、趣味でお金を稼げることが出来幸せを感じています。

ブログもアクセス数があれば、グーグルアドセンスの広告の審査に通った場合収入を稼ぐことが可能になります。

普通のアフィリエイトをする人もいますが、現在アフィリエイト業界はものすごい稼ぎにくい状態となっており、素人や初心者レベルでは絶対無理があるからです。

好きな趣味のブログ記事を書くだけで生活費が稼げるなんて、まるで夢みたいな事ですよね。

別に簡単で楽なアルバイトでも良い

別にインターネットでお金を稼ぐことに執着しなければ、地元の簡単なアルバイトなんかでも問題ありません。

アルバイトでも時給が安い簡単な仕事を見つければ、案外イージーにお金を稼ぐことが可能です。

私もコンビニのアルバイトを病気時代していましたが、やっていることは単純作業の繰り返しです。

業務内容がたくさんあるので覚えるまでしんどいかもしれませんが、ある程度こなせるようになるとそれほど激務の仕事ではないのです。

また工場の軽作業や飲食店の手伝いなんかのアルバイトもオススメです。

ネットでお金を稼ぐようになるには、ある程度のスキルと経験が必要で須縄で、普通のアルバいををした方が圧倒的に稼ぎやすいです。

よくねっとでまったくおかねがかせげないひとが、現実世界でお金を稼ぐ方向にシフトチェンジする人が多いです。

彼らが言うには、現実世界の方が簡単で楽だと言うことらしいです。

インターネットは特別なスキルと根性が入りますので、なかなか普通の一般人の人でも難しいかもしれませんね。

都会や街に憧れるのはお金を浪費すること

私も学生時代からと都会や街にある程度の憧れを持っていて、将来は都会や街でお金を稼いでお金を使いたいと思っていました。

しかし大学生時代に京都の的で遊びまくり、私の人生はどん底レベルまで落ち込んでしまったのです。

それから私はお金中心の世界で生きていれば一生幸せになれないと悟りました。

現在は地方の田舎町に住んでいるので、それほど多くのお金の誘惑はありません。

たまにお金を使っても、コンビニでパンを買ったりコーヒーを飲むぐらいです。

街の中心地にいるときには、パチ根があったり飲食店があったりお金を使う場所ばかりが目につきます。

どうしても誘惑に弱い人間ですので、ついついお金があるとそのような場所に行ってしまうのです。

都会や街に憧れることは、お金を浪費して生きていくことですので、私の性格ではそれはあまりにも危険すぎて人生が台無しになってしまいます。

地方の田舎町で、両親と一緒にのんびり暮らしながら、たまにお金を使うぐらいの生活レベルでちょうど良いのだと実感しています。

稼ぐお金が少ないなら使うお金も少ないのが当たりまえ

私はこの数年で気づいたのですが、稼ぐお金が少ないと言うことは使うお金も少ないと言うことです。

これが私の和解時期には気づかなかったことで、お金を稼いでいないのにお金をたくさん使おうとしていて、苦しんでいたのです。

これは本当の馬鹿らしいことであり、常識的に考えるとお金を持っていないのだからお金は使えないはずです。

この当たり前の事が出来ずにいた場合には、借金をしたり親の迷惑をかけたりして生きていくことになります。

現在ではお金をそれほど稼いでいないので、使うお金もほとんどなくごく当たり前の状況で生きています。

お金を使わない生活をしていたら、なんだか気分が軽くなりリフレッシュしたような状態でいつも生活することが出来ます。

それほどお金の中毒症状は非常に自分にとってマイナスに影響しているのです。

少ないお金で趣味や娯楽を楽しむ

人生は趣味や娯楽をしながらのんびり生きるのが最高の幸せで、仕事ばかりの人生は味気ないものです。

私も子供の頃から勉強やスポーツばかりをしていましたので、なかなか趣味や娯楽をする時間が少ないのが現実でした。

しかし自分の部屋で音楽を聴いたり本を読むのが最高の時間で、そんな時間がいつまでも続けばと夢見ていたのです。

大人になると社会人になり仕事づくめの人生を歩む男性がほとんどですが、私は社歌人になりサラリーマンとして生きることに幻滅していて、学生時代の夏休みの感覚で生きていきたいと常々考えるようになっていたのです。

しかし私の行動力と実行力ではそんなこと無理な話で、私は次第に自分自身にも幻滅するようになりました。

私を変えたのがネットで見た情報で、その人はブログを書いており、ブログでお金を稼いで自由な生活を送っていました。

好きな読書や旅などをしており、音楽を聴いたりゲームをしたり趣味や娯楽三昧の生活をしていたのです。

私はこれを機にネットでお金を稼ぐ決意をして今に至ります。

現在は少ないお金しか稼げませんが、それでも趣味や娯楽に使う時間は同年代の男性と比べると4倍近くあると思っています。

やはり私の理想の人生は、毎日が学生時代の夏休みの生活だとあらためて実感しているところです。

やっぱり理想は趣味の自由業です

お金を使わないで生活するには、相当欲望が小さくなければいけません。

お金をあまり稼がなければ、仕事や労働時間が減少して、自由に使える時間が有り余ることになります。

私は現在このお金をあまり稼がず、お金をあまり使わない生活をしており、それが理想の楽園生活となっています。

やっぱり自宅でお金稼ぎが出来ているのが理想で、1日2時間ぐらい仕事をして、後は趣味や娯楽を楽しむ人生を送りたいのです。

ネットの世界を見れば多くのお金を稼いでいる人も多いですが、結局仕事時間に時間を奪われ、あまり幸せではないのではないかと思ったりもします。

人生には無料で楽しめる楽しみがたくさんあり、日常生活のなかに幸せがあると感じています。

大げさな遊びや人間付き合いをしなければ、もっと自分の日常生活に幸せを見つけることが可能です。

私も若い時代は、大げさな欲望ばかりを求め自分が退廃していました。

しかし日常生活を大切に送ることで、素晴らしい毎日がやってきたのです。

それはまるで人生夏休み状態の楽園で、私はこの生活を追い求めて小さな頃から苦労してきたのだと思っています。

お金を使わない人生ですが、その幸せは圧倒的な幸福を実感できるものです。

まとめ

死にたくて苦しんでいる人の多いと思いますが、普通に働かない人生も知識として知っておくことが重要です。

人間は社会に出て苦しんで一生懸命生きなければいけない宿命を帯びているようです。

しかしそんなレールの世界から逃れて、自分の自宅でのんびりお金儲けをする方法だってあるのです。

多くのお金を使わなければ、多くのお金を稼ぐ必要もあります。

そうするとインターネットの世界で、1日2時間ぐらいの仕事時間で生活費を稼ぐことだって可能です。

そのためには日常生活を大切にして、欲望を小さく生きていくことが理想ですよ。

お金をつかない生活に慣れてくると、普通のことが極上の幸福だと感じる日もやってきます。

ぜひお金を社会に出て稼がない生活を目指してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました